サウナは逆効果?脂質異常症なら要注意

サウナは医師に相談してから入りましょう!

30011サウナってむくみ解消や減量、ニキビ改善などの美肌、疲労回復効果があると言われていますが、それは健康体の方が対象の効果だということを覚えておきましょう!

動脈硬化が進んでいる人はサウナに入らないこと!

これは常識です。
中には健康効果だけひとり歩きしているので、コレステロールや中性脂肪値が高い脂質異常症の人も平気でサウナに入って自己満足しているかもしれませんので記事にしてみました(汗)

サウナや女性に人気の岩盤浴には遠赤外線効果によって血圧降下や老廃物の排出など健康効果がひとり歩きしています。

確かに効果あると思いますが、ものすごく大量の汗をかくので汗以上の水分補給しないと血液が濃くなって血圧もグングン上がっていきますよ!

30分熱々のサウナに入ったあとに、体を冷やすために水風呂に入ったりすれば、急激に血圧を下げ、循環器系へも負担をかけます。

血液がドロドロ気味の人がサウナ→水風呂のコースを繰り返すと脳卒中や心臓発作の危険リスクも高まりますよね。

血圧が急上昇したり急降下したりを繰り返しますからね。

サウナの健康効果が期待できるのはアスリートや健康体の人だけだと認識しましょう。
どうしても付き合いなどでサウナに入る機会があるのであれば、医師に相談した方がいいです。

本当に危ないですよ!
気をつけましょう。


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ