自重筋トレで基礎代謝量アップ♪これで脂肪燃焼効果ありだね。

自重筋トレ効果で太らない体つくりをする。

ilm19_cb02038-s200あなたは『自重筋トレ』って言葉聞いたことがありますか?

自重筋トレとは自分の体の体重を利用して実践する筋トレのことです。

自重筋トレは筋トレマシンやグッズなど何も用意することないのでお金かからないし、いつでもどこでも自分の体があればできる手軽さが魅力です♪

筋トレというとダンベルとか鉄アレイを想像しちゃいますが、あの手の筋トレって無呼吸状態になりやすいし、重いものを持って筋肉に負荷をかけるので血圧が上昇します。

コレステロールや中性脂肪値が高い人は血管が弱っている可能性が高いので、急な血圧上昇や下降を促すような運動は控えたほうが無難です。

危ないですからね、いきなりプチッと血管切れたりしたら。。
脳内出血なんて起きたら危ないというか終わります。

その点、自分の体重を使っての自重筋トレは安全ですよね^^
016277-200
なぜ?筋トレしないとダメなの?となるかもしれませんが、筋肉って加齢や日頃の運動不足で筋肉の量が減っちゃうと脂肪燃焼させる基礎代謝量も減ってくるからです。

要は筋肉が付くと脂肪燃焼しやすい体になるので、食べても太りづらくなるということですね。

ちょっとした空き時間、5分位あればできるのでやってみましょう!

お腹の筋トレ

床に仰向けになり、足を軽く開いて両膝を立てる

体全体の力を抜いて楽な姿勢をとる。

その状態から

息を吐きながら両手を前へ伸ばして上半身を起こす

息を吐きながら前に上体を起こす。ゆっくりと起こしてゆっくりと元の位置に戻る動きだとより効果的です。

背中・お尻・太ももの筋トレ

両手両膝を床につけてよつんばいになる

両手は床につけたまま、片足を後ろにまっすぐ上げて背中とお尻足が一直線になるようにキープ

息は止めないでゆっくりと呼吸してください。

上げている足と反対の手を前方に伸ばして、上げている足も若干上に反る

手を前方に伸ばした時に顔も前を向く。反対側の手と足も同じようにやる。

お腹の筋トレと背中・お尻・太ももの筋トレを3セットやれば十分です。
この自重筋トレを楽にこなせるようになればOKです。


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ