海苔ってコレステロール下げてくれる?その根拠は?

海苔は間接的にコレステロールを下がる働きがある

nori2300海苔ってどこの家庭にも必ず置いていますよね。

学校から帰ってきてお腹が空いてる時なんて、1パックになっている海苔を醤油とかも付けないでパクついてましたっけ(*^×^*)

昔は朝ごはんの時によく食卓に出てたんですが、今は我が家も朝はパン派ですからね~
朝は海苔とご対面するときはなくなりましたね(^◇^)

でも、昼食や夕食では必ず海苔を食べてますよ!

直接海苔に醤油をつけてご飯と絡ませて食べるとかではなくて、おかずに色添えする感覚でカミさんが工夫しているようです。

例えば味噌汁やお吸い物、ほうれん草の御浸しの上にパラパラ、そばの場合も上にパラパラ、サラダにもよくプラスされていますね。。

もちろん、おにぎりの時はしっかりと海苔で巻いてくれます♪
塩おむすびも美味しいですが、塩分高いので海苔の方が良いですね。

このように僕が中性脂肪値400超えて警告されてから、海苔って意識して食べるようになりました。
必ず1食には海苔って入っていますね。

さて記事タイトルのように海苔ってコレステロールを下げる効果があるのでしょうか?
僕は市の健康増進課のおばちゃんに食事の指導説明されたときに直接ではないけど、間接的にコレステロールを下げる効果があるから積極的に献立に入れましょうね~と言われました。

間接的に効果がある!?なんじゃそら

今になったらちょっと気になったので調べてみました。

EPA含有量は文句なし

nori300ちょっと前のページでもEPAのことを説明しましたが、青魚にはEPAが多く含まれていて血液中のコレステロールを減少させる働きがあると書きました。

じつは海苔にもEPAって多く含まれているんです。

また海苔にはEPAの他にもカリウムやカルシウムも豊富で超低カロリー♪
栄養あって低カロリーならガツンガツン食べたほうがいいです。

とにかく僕みたいに料理の上にパラパラとふりかけたりして手軽にアレンジできるので高コレステロール、高中性脂肪、動脈硬化の人はEPAやDHAって成分は積極的に摂取していきましょう!

海苔はほぼカロリーゼロでEPA豊富

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ