肉を食べるなら脂身は溶かすか切り除く事

脂肪の塊はカット!カット!カット!

niku1200どうしてもエネルギーを摂りたいので週に3回は肉料理を食べたいですよね。

お坊さんじゃないんだから毎日魚料理や山菜ではパワーになりません(*^-゜)

かと言って、肉なら何でもかんでも食べまっせ~~じゃ中性脂肪を減らすことはできませんよ^^

コレステロールや中性脂肪が増えるのを心配しないで肉料理をいただくには、肉の種類や部位を選ぶだけじゃなくて、さらに調理段階でも肉の脂分をこそぎ落とすことでしっかりと予防して行きましょう!

本当はあの脂身が美味しかったりするのですが、ここはグッと我慢しましょう。
あの脂身を食べたら今までの苦労が水の泡です。
多分一気にコレステロールや中性脂肪値がグンと上がるかもしれません(´д` 😉

さてさて、では具体的に調理段階で脂身をどうカットしていくかを説明しますね。

例えば豚のロース肉のように脂身が肉の周りに付きまくっている場合は、調理する前に包丁や調理はさみでカットしましょう。
niku3300
高級な霜降り肉などの場合は、脂身が赤身に混じり合っているので包丁でカットできないので、その場合は手間ですが茹でることで脂が溶けます。
その時も浮いてきた脂をこまめにお玉ですくい取りましょう。

これで肉入りスープも安心して全部飲み干すこともOKですよ♪
また一晩冷蔵庫にいると脂分って白く固まるので取り除きやすくなりますね。

肉の炒めものをする場合は、炒める前にキッチンペーパーの上に肉を乗せて電子レンジにかければ溶けた脂をキッチンペーパーが吸い取ってくれますよ!

大きめの肉は炒める前に網焼きすれば脂は下に落ちます。

鶏肉の場合は皮の近くに脂分が多く付いているので、皮と一緒に取り除けば、かなり脂肪分はカットできますね♪

正直、ここまでやらないといけないの!?とブーイングが聞こえてきそうですが、ここまで徹底的にやらないとコレステロールや中性脂肪から解放されませんよ( ̄ε ̄〃)

しっかりと次の健康診断で健康体を取り戻してからの楽しみにしましょうよ(*゜v゜*)


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ